携帯型ゲーム機で手軽なマルチプレイが可能になったのが、大ヒットに繋がった要因と言えます。

シリーズ初の携帯ゲーム・モンスターハンターポータブル

MENU

モンスターハンターポータブル

 

モンスターハンターポータブルは、2005年12月にシリーズではじめて携帯ゲーム機として登場したPSP用ソフトです。
ゲームの内容はモンスターハンターGをPSP向けにリメイクした内容になっています。

 

 

モンスターハンターGからの改良

 

当初は単なるリメイク版のPSP移植の予定でしたが、それだけでは売れないというメーカーの判断で以下の変更が行われました。

アイルーキッチン

 

  • 村の中で栽培や採掘
  • アイルーキッチン(従来の食事システムの改良版)
  • ココット農場
  • 武器の追加
  • システムの拡張

 

そのほか、コントローラーのボタンがPSPは少ない点もあり、全体的に武器の攻撃力が高くモンスターの体力が低くなっています。
こうして、隙間時間で気軽に遊べるようにスピーディーにゲームが進行できるように調整されています。

 

 

手軽なマルチプレイで大ヒット

 

モンスターハンターシリーズの最大の魅力は仲間と協力プレイをする事です。
初代モンスターハンターや2作目のMHGもマルチプレイは可能でしたが、マルチマッチングBB(現在はサービス終了)の契約が必要でハードルが高いデメリットがありました。

 

ほとんどの方はプレステ2版はオフラインで遊んでいて、ネットによるマルチマッチングを利用している方も友人、知人よりかはゲームのためにマッチングされた他人とマルチプレイする事が多かったです。

 

PSP版のモンスターハンターポータブルになってからは、ソフトとPSPさえあれば、どこでも手軽にワイヤレス通信機能でマルチプレイが可能になりました。
これによって、友人とのマルチプレイが手軽なものになり、携帯ゲーム機の特性を活かして、学校や職場など場所を問わず狩りができるようになりました。

 

現在はモンスターハンターシリーズは携帯ゲーム端末の方が圧倒的に人気が高く、成功の原点はモンスターハンターポータブルにあったと言えます。

 

 

この結果、口コミで評判がジワジワと広がって発売開始から2年後の2007年にPSPソフトとしては初めて(ソフトの発売時期)のミリオンセラー(100万本突破)の歴史的大ヒットとなりました。
なお、ミリオン達成日時が最も早かったのは次作のモンスターハンターポータブル2ndです。