2ndでモンハンデビューをして虜になり、後から初代ポータブルを購入する方も多くいました。

モンスターハンター2ndが爆発的ヒットをした背景について

MENU

モンスターハンター2nd

 

モンハンポータブル2nd

モンスターハンター2ndは2007年2月に発売されたPSP用ソフトです。
シリーズのヒットを受けてモンスターハンター2をベースに続編という設定で開発されました。
MH2の移植版ではなく完全に続編として新たなストーリーが始まるオリジナル版です。

 

前作の初代モンスターハンターポータブルの大ヒットを受けて、カプコンの力の入れ具合が現れています。
なお、2008年3月にはアップグレード版のモンスターハンターポータブル2ndGが発売されています。

 

新システムを採用するなど、サービスを一新した一方で、モンスターハンターポータブル2ndから一部のアイテムの引き継ぎが可能になっていました。

 

 

世間はモンスターハンターポータブルを求めていた

 

初代のモンスターハンターポータブルは発売当初から爆発的に売れた訳ではなく、口コミによってジワジワと人気が広がっていきました。

 

モンスターハンターポータブル2ndがリリースされた2007年には、マルチプレイの楽しさが世間に認知されていて、発売前から大きな注目を集めていました。

 

その結果、ポータブル初代は発売から2年をかけてミリオンセールスを達成したのに対して、2ndは発売後わずか1ヶ月の2007年3月にはミリオン(100万本販売)を達成。
さらに累計では約172万本を売り上げるメガヒットとなりました。

 

ベースになったモンスターハンター2もPS2用ソフトとしては大ヒットしましたが、結果的にポータブル2ndの方が3倍ほどの販売を達成する形になりました。
世間は、出先でも手軽に遊べてマルチプレイができるポータブルを求めていた事を象徴しました。

 

ちなみに、その後はモンスターハンターポータブルの新作を求める市場の声が多く、次作の3rdがさらに大ヒットとなったため、PSP版のシリーズでは唯一BESTが発売されていません。

 

 

発売後も初代が売れ続けた理由

 

モンスターハンターポータブル2ndは初代ポータブルとの連動はありません。
そのため、初代を持っている方と2ndを持っている方はマルチプレイできませんでした。

 

通常は新作ソフトが出ると旧作は一切売れなくなってしまうものですが、仲の良い身内とのマルチプレイを目的にあえて初代を購入する需要もありました。
なかには2ndでモンハンデビューをして、面白くて後から初代ポータブルを買う人もいたくらいです。