PSPの世界累計売上ソフトでも1位に輝く超メガヒット作品となりました。

歴代最高売上げを記録!モンスターハンターポータブル3rd

MENU

モンスターハンターポータブル3rd

 

モンスターハンターポータブル3rdは2010年12月に発売されたPSP向けソフトです。
PSP向けソフトでは歴代最高売上を誇り、最終的には約480万本の販売を記録しています。

 

当時はPSP向けゲームソフトの販売記録は任天堂3DSのドラゴンクエストIX 星空の守り人でしたが、その記録を抜いて当時の歴代最高売上を記録しました。

 

モンハンポータブル3rd

モンスターハンターポータブル3rdは国内向けのソフトだったにも関わらずPSPの世界累計売上ソフトでも1位に輝く社会現象とも言える超メガヒット作品となりました。

 

発売初週だけでも214万本売り上げた記録があり、約3年ぶりの完全新作という事で、心待ちにしていたモンハンファンが多数いた事や、周りで遊んでいる方が増えた事で、新作発表とともにハンターの仲間入りをしたい方が多数待機していた事を象徴しています。

 

その後、PS3への移植版のHDバージョンが発売されています。

 

ゲーム内容はモンスターハンター3とモンスターハンターポータブル2ndGをベースに作られていて、引き継ぎモンスターと新作モンスターがバランス良く配合されています。

 

過去のシリーズで人気だった設定や機能を多数取り込みつつ、新要素も多数取り入れた事で、既存のモンハンフリークも満足できる内容でした。
PSPのゲーム機本体をセットにした新米ハンターズパックも発売されています。

 

 

モンハンそのものは既に完成度が高かった

 

3rdになって多数の新要素やモンスター、武器が登場しましたが、基本的なゲーム内容やフローは前作から大きな変化はありませんでした。
それでも爆発的ヒットになったのは、モンハンの面白さは既に完成されていて、ブランド力が確立されていたからです。

 

マリオやドラクエ、ファイナルファンタジーなどが新作が出れば爆発的ヒットになるのと同じで、モンスターハンターの新作というだけで信頼性が高く多数のファンが購入する形となっていました。

 

 

モンスターハンターポータブルシリーズとしては最終ソフト

 

すでにPSPが落ち目でモンハン頼みだった事や、任天堂3DSが好調だった事を受けて3rdの大ヒットがあったにも関わらず、PSP用ソフトとしてはシリーズ最終作になりました。
2017年に発売予定の新作も3DS用ソフトとして発売予定になっています。

 

PSPを手がけていたソニーからしてみても、ポータブル3rdの大ヒットがあったからこそ、結果的に任天堂3DSへの敗北感を薄めるだけの影響を与えました。

 

初代モンスターハンター